たにむら産婦人科
ホーム 交通案内 個人情報保護方針 サイトマップ
TEL 0887-53-2600 FAX 0887-53-2179
〒782-0034 高知県香美市土佐山田町宝町1丁目31-1
 
クリニックのご案内
診療内容ご議案内
お産について
教室のご案内
育児のご案内
今月のコラム
たにむら産婦人科携帯サイト
QRコード
左のバーコードを読み込んでご覧ください。
医療法人速水会
たにむら産婦人科

〒782-0034
高知県香美市
土佐山田町宝町1丁目31-1
TEL 0887-53-2600
FAX 0887-53-2179

HOME > 診療方針・院長挨拶
診療方針・院長挨拶


イラスト


タイトル

女性の健康管理やその疾患の治療には、専門医による特別な配慮が必要です。
当クリニックでは、最新の医療技術にもとづいて、貴女自身の疾患について診療方法や病状、経過などを詳しく説明することで、安心して治療を受けていただけます。
女性の健康に関することは、なんなりとお気軽におたずねください。

タイトル
 皆様、こんにちは。ホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

 当院は、高知県の土佐山田町に平成5年2月に開院し、今年で開業26年目を迎えることができました。高知県の東部地域の多くの妊産婦様、ご家族様のご支持をいただき、今日まで地域の周産期医療を担い続けることができましたのは、皆様のご支援があってのことと深く感謝申し上げます。

 私が岡山大学卒業時の昭和52年頃、女性の平均寿命は77.95歳でした。平成29年(2017年)7月の厚生労働省の簡易生命表の発表によると、平成28年(2016年)の日本人の平均寿命は、女性は87.14歳となり過去最高を更新しました。
これまで産婦人科医療に携わってきた約40年で女性の平均寿命は10歳延び、女性医学の大切さを実感しています。女性医学は女性に特有な心身にまつわる病気を主として予防医学の観点からの医療を目的としています。女性の一生は、ホルモンの変化と関係し、妊娠・分娩により身体的、精神的に大きな変化があり、更年期、老年期と続いていきます。日本の女性がより健康で豊かに生活できるためにも、高齢化社会に向けて女性医学はますます重要だと考えています。

 最近、近隣の産婦人科の閉鎖や分娩施設の集約化等があり、妊婦さんの健診が増えてきています。昨年は産婦人科を舞台とした『コウノドリ』のテレビドラマがあり、お母さんと赤ちゃんについての周産期医療や看護が話題にもなり、妊婦さんからのご質問も多くなりました。やはり、安心して楽しいマタニティ生活を送っていただくためにも、診察時にはわかりやすく丁寧に、妊婦さんやそのご家族の方々にご説明等をさせていただいています。

 当院では平成28年5月より外来診療のみの診療体制としています。これまでと同様に妊娠の管理・保健指導等の妊婦健診、不妊治療、更年期障害、がん検診等を含む産婦人科一般、小児科、内科の診療をしています。(一部、日帰り手術は行っています。)

 そして母親学級(月1回)、母乳マッサージ(予約制)、女性の皆様にいきいきストレッチ体操等も行っており、大変好評を得ています。どうぞお気軽にご利用ください。

 今後も地域の周産期医療の一端を担うべく引き続き心身共に研鑽して参ります。
 どうぞ皆様のご支援、ご助言を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

平成30年2月吉日
たにむら産婦人科 院長 谷村 豊海
玄関、外来周辺

タイトル

院長 谷村 豊海
院長 谷村 豊海

昭和46年
昭和52年
昭和52年
昭和52年
昭和53年
昭和55年
昭和57年
昭和60年
昭和60年
昭和63年
平成 5年

3月
3月
4月
12月
12月
10月
2月
7月
12月
4月
2月

 

土佐高校卒業
岡山大学医学部 主席にて卒業(卒業時岡山大学黒正賞を授与)
岡山大学医学部産婦人科教室入局
香川県立中央病院産婦人科(この間麻酔科にも在籍)
愛媛県立中央病院産婦人科
坂出市立産婦人科 医長
岡山大学医学部産婦人科 帰局
高知県立中央病院産婦人科 医長
医学博士号 授与される
高知医科大学産婦人科教室 非常勤講師(兼任)
たにむら産婦人科 開業


タイトル

医師
助産師
その他

2名
3名



不明な点がある場合はお気軽にお問い合せください。

お問い合せ

    ホーム 交通案内 個人情報保護方針 サイトマップ
 
Copyright 2008 Tanimura Maternity Clinic. All Rights Reserved.