たにむら産婦人科
ホーム 交通案内 個人情報保護方針 サイトマップ
TEL 0887-53-2600 FAX 0887-53-2179
〒782-0034 高知県香美市土佐山田町宝町1丁目31-1
 
クリニックのご案内
診療内容ご議案内
お産について
教室のご案内
育児のご案内
今月のコラム
たにむら産婦人科携帯サイト
QRコード
左のバーコードを読み込んでご覧ください。
医療法人速水会
たにむら産婦人科

〒782-0034
高知県香美市
土佐山田町宝町1丁目31-1
TEL 0887-53-2600
FAX 0887-53-2179

HOME > 今月のコラム2018年
今月のコラム


イラスト

タイトル


  Q 2018.9
  Q 2018.8
  Q 2018.7
  Q 2018.6
  Q 2018.5
  Q 2018.4
  Q 2018.3
  Q 2018.2
  Q 2018.1
  Q 妊娠7カ月目です。水っぽいおりものが出ました。出血も
下腹部痛もないですが、病院へ行った方がよいでしょうか?
2018.9
  A

 水っぽいおりものというのは、破水前の状態とか子宮の入り口の感染が考えられます。破水は胎児を包んでいる膜(卵膜)が破れて、羊水が膣(ちつ)へ出ることをいいます。卵膜の破綻により、膣内の細菌が子宮に感染するだけでなく、胎児にも感染する可能性や、感染がなくとも羊水の減少によって臍帯(さいたい)が圧迫されて、胎児へ酸素がいかなくなることもあります。胎児が大きくなっていれば、なるべく早くお産にしますが、まだ小さい場合には問題です。水っぽいおりものが出たときには、破水の可能性があるのですぐに医師に相談してください。近年、破水の原因として、炎症が考えられています。膣から細菌などが入り、炎症が卵膜に波及して破水してしまうことがあります。妊娠中の性行為なども避けた方がよいと考えます。

イラスト
  Q 妊娠中、「体を冷やすのは良くない」と母親に言われましたが、
この暑さの中、どのようにすればいいですか。
2018.8
  A

 妊娠すると、普段は汗ばむことが少ない人でも少しの動作で汗をかくことがあります。特に、夏場は冷房により屋内と屋外の温度差が大きく、汗をかいた体が冷房で急に冷え込みます。体を冷やすと、子宮への血行が阻害されて流産の原因となったり、子宮内胎児発育遅延を起こしたりすることが考えられます。また、妊婦の体調を崩したり、風邪などの感染に対する抵抗力を弱めるなど、良くないことは事実です。そのため、腹部だけは冷やさないように、腹巻きや腹帯などをして防ぎましょう。クーラーによる冷やし過ぎも厳禁です。母体温が急に低下すると、胎児徐脈につながるので注意しましょう。

イラスト
  Q つわりがひどくて食事をあまり取れていません。何か良い方法があれば
教えてください。また、食べられなくても赤ちゃんは大丈夫でしょうか。
2018.7
  A

 つわりのひどい人は、1日3食にこだわらず、1回に少量でもいいので、何でも食べられる物を食べるようにしましょう。もし、その日に食べた物を大部分吐いてしまったり、水分も摂取できないときは、医師に相談してください。体の中の電解質のバランスが悪くなったり、脱水症状が出ますので、点滴注射などで補給した方がよいと思います。妊娠初期は胎児も小さく、あまり多くの栄養分を必要としないので、赤ちゃんは大丈夫と考えます。カロリーのある、水分、ミネラルの補給になるような食べ物を選んで、少しずつ取ってみてはいかがでしょうか。

イラスト
  Q 今年の夏はすごく暑いとの予報が出ています。妊娠6カ月で、今でも
暑くて寝苦しいのですが、今後クーラーの使用は大丈夫でしょうか。
2018.6
  A

 妊婦さんは一般的に体温が高くて身体の代謝が活発ですので、ただでさえ寝苦しく、夏は過ごしにくい季節です。クーラーは部屋の温度や湿度を下げます。夏の暑い日には、クーラーをかけてゆっくり睡眠を取ることは、妊婦さんの体調には悪くありません。ただ、部屋の温度を非常に低くしたり、夜間、クーラーを使用し続けるのは、母体の体調を崩す大きな原因となりますので控えた方が良いと思います。一般的に、クーラー使用時は、室温を外気温より5度程度下げるのが適当と考えられています。暑い夏を快適に過ごして、秋には良い出産ができるように頑張ってみてください。

イラスト
  Q 妊娠8カ月の妊婦です。最近、足の付け根が
痛くなります。痛みを取る方法は何かないでしょうか。
2018.5
  A

 足の付け根が痛むという症状は、おなかが目立ち始めた妊娠6カ月後半ごろから出現します。
 原因は、子宮が大きくなるにつれ、子宮を支える円靱帯(じんたい)が引き伸ばされ、そのために左右の足の付け根に痛みを感じるからです。痛みを取るには、痛い足のほうを下にして横向きに寝ると、靱帯の緊張がとれ、痛みは軽くなります。
 靱帯以外では、赤ちゃんの頭が下がってきたために痛むこともあります。安静にして横になっても痛みが続けば、切迫早産の可能性もありますので、早めに主治医に相談してください。

イラスト
  Q 妊娠6カ月の妊婦です。おなかが時たま張るのですが、
どの程度の張りはいいのでしょうか。
また、どのくらいになったら危ないのでしょうか。
2018.4
  A

 おなかの張りだけなら安静にしていれば大丈夫です。ただし、痛みを伴い1〜2時間横になって休んでも治まらない場合や、一度治っても周期的に痛みが起きる場合は危険なサインです。切迫早産や早産の疑いが考えられます。妊娠28週以前は正常であれば、痛みはまれなことなので、急いで医師の診察を受けた方が良いと思います。その他では絨毛(じゅうもう)羊膜炎、常位胎盤早期剥離の合併も考えられ、子宮筋腫や卵巣のう腫、便秘などの可能性もあります。最も危険なのは、出血、破水を伴った張りと痛みです。緊急に医師の診断を仰ぐべきだと考えます。

イラスト
  Q 妊娠初期の妊婦です。母子感染が心配です。特に
サイトメガロウイルスについて教えてください。
2018.3
  A

 妊婦が感染すると、赤ちゃんに障害の出る恐れのある感染症には、風疹や梅毒、トキソプラズマ症などがありますが、最近注目されているのが、先天性サイトメガロウイルス感染症です。サイトメガロウイルスは、唾液や尿、母乳などを通じて、多くが子どものうちに感染します。日本の成人女性では7割が感染したことを示す抗体を持っていますが、抗体を持っていない女性が妊娠初期に初めて感染すると、おなかの赤ちゃんもウイルス感染を起こし、感染した赤ちゃんの2割に低体重や肝臓肥大などの症状が出て、難聴や発達の遅れを合併します。感染しても症状が出ないことも多く、妊婦に感染の自覚がないことや上の子どもからウイルスをもらうこともあり、抗体を持っていない妊婦は特に注意が必要です。心配であれば、医師に相談して抗体検査を受けてください。

イラスト
  Q 妊娠反応が出ました。妊娠初期では、どんな症状のとき
病院を受診したらいいのか教えてください。
2018.2
  A

 初めての妊娠では、どんなときに受診した方がいいのか分からないことがあります。妊娠初期に受診をお勧めする症状として、性器からの出血、下腹部痛が代表されます。不正性器出血は、少量から生理用のナプキンでは間に合わない場合までさまざまです。出血の場合、まず安静にすることが大切ですが、それでも出血が続けば受診が必要です。下腹部痛も、妊娠により子宮が肥大するための引きつれなど軽度のものは、安静が最良の手段ですが、安静にしても症状が続く場合や子宮収縮が続く、胎児を排出させるほどの強い痛みがあればすぐに受診してください。注意が必要なのは、子宮内に妊娠して、しかも胎児心拍が確認できるかということです。動けないぐらいの痛みの場合、子宮外妊娠の可能性がありますので、早急に受診が必要です。

イラスト
  Q 妊娠6カ月です。母乳で子どもを育てたいと
思います。母乳育児の準備について教えてください。
2018.1
  A

 母乳を良く出すこつは、産後間もないときから、おっぱいをとにかく吸わせることです。赤ちゃんが吸いやすいおっぱいになるように、妊娠中から準備をしていきましょう。
 まず、妊娠後期に入ったら、入浴時に乳首の手入れを始めます。清潔な手でオリーブ油かコールドクリームを付け、乳首から乳輪にかけて軽くこすります。次に乳首を付け根からつまんで伸ばして、乳首が柔らかくなるようにほぐします。リラックスして、母乳をあげている姿をイメージしながら行ってみましょう。肩から背中にかけての運動やストレッチも意識的に行いましょう。脇の下のリンパの流れを良くして、腕や肩、背中がむくみやすくなるのを抑える効果があり、産後におっぱいの張るつらさが少なくて、母乳の出も良くなります。
 ブラジャーはしない方が母乳の出は良いようです。赤ちゃんは生まれた瞬間から母親のおっぱいを吸うことを本能的に知っています。授乳の時間や間隔、回数を決めずに、赤ちゃんが欲しがるときに好きなだけ吸わせてあげること≠ェ母乳育児成功の秘訣(ひけつ)です。

イラスト
    ホーム 交通案内 個人情報保護方針 サイトマップ
 
Copyright 2008 Tanimura Maternity Clinic. All Rights Reserved.